2013年01月19日

タイムズスクエアで行われたNinjaの公式発表イベントドキュメンタリー動画…

13011904.jpg2012年のイベントになるんですけどね、KAWASAKIが新型Ninjaの発表に合わせてニューヨークのタイムズスクエアを借りきって大々的なイベントを行いました。

見たことのある顔が多いな… スタントライダーきってのおしゃべり… じゃなくてMCもできるJason Britton氏が仕切っています。
この他、KAWASAKI所属のスーパーバイクレーサーの人(名前失念!!)とかドラッグレースで活躍している人とか関係者が勢揃いです。
もちろんバイクスタントもお披露目してくれますし、ドラッグレーサーでもバーンナウトしながた走ってくれたりします。
そして、熱狂的なKAWASAKIフリークスも参加してますね。
う〜ん… GSX-Rを貶しているような発言があったような気がしますが、まあいいでしょう。

世界に誇るタイムズスクエアでこれだけのイベントをして多くの人が集まる… 羨ましいことです。
日本では横浜の中華街とか浅草寺とか大阪城でレッドブル・レーシングのF1マシンが走っただけでニュースになるくらいですから… (それhそれで評価できるよねえ)
しかし、この規模はさすがだ(準備のドキュメンタリーも必見です)

でもね、キモはNinja300とNinja636の発表だったりするわけです。
新型バイクの一般へのお披露目でここまでしてくれるのは、素直にスゴいことかと思います。

不景気といいつつもアメリカでバイクを購入し楽しむする人ってのは、こういったことを受け入れて楽しめるんですよね。
そこが一番うらやましいことかもしれません。

ところどころ入るバイクのイメージ映像がキレイで素晴らしい…

続きを読む


posted by MoToDAMM at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

BMW M5のとんでもなドリフト暴走動画…

13011903.jpgこれね… 左の画像ではわからないくらい暴走しています。
まるで流行りのロシアのカークラッシュ動画並のドライビングです。
それも意識的にできる限りのドリフトをしています… それが街中の普通に走っているクルマを縫うように…

まったくもうロシア人ってのはこういうことに恐怖心とか安全運転に対する意識とか、欠如しているのではいかと思いきや、ホントに腕に覚えるのあるドライバーらしい… 頭頂部の髪が薄いし、それなりの年齢のようです。
………プロだった… いや公道でこういう運転をするってのは、うまくてもプロではない。

まあね、こういことが許されるというか、名前をだしてしちゃうってところでお里がしれるわけですが…
この人、グルジアの人なのかなあ。
いや、撮影場所がグルジア共和国なんですよ。

私の偏見を交えてた感想では… プロがこれ見よがしにこういうことはしてほしくない。
ゲッタウェイストックホルムでもゴーストライダーでも顔出さないでしょ。自覚しているから…
おまけに早朝を狙って一般車を避けてますよ… (別の暴走バイク乗りやゴーストライダーは別だけど)
20年ほど前パリをフェラーリで暴走した短編映画「Rendez-Vous」だっけかな? あの監督も捕まっちゃたしね。

決して自慢できることではないですよねえ…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 13:33 | Comment(12) | TrackBack(1) | 車の動画

Rok Bagoros氏、南米でバイクスタントをして回る動画…

13011901.jpg何度も紹介してきたRok Bagoros選手が南米でスタントを披露して来ました。
この人、お茶目でうまくてスクータースタント上がりなんですが、見事にKTMの専属ライダーとして活動しています。
そのスタントスタイルは正確で安心して観ていられるタイプですね。
これは本人の憧れがChris Pfeiffer氏だったりするからかもしれません(数年前に一生にスタントをして感動してた)

スクータースタント上がりなのですが、その正確ななスタントはまさにChris Pfeifferの後継者とも言えると思えます(ミスッテもうまくごまかすところも似ている)

ちなみにオフィシャルサイト( http://www.rokbagoros.com/ )の情報を引用すると…

Name
Rok Bagoroš

Date of birth
March 16, 1989 in Murska Sobota, Slovenia

His backup
Girlfriend and his sponsors

His Passion
Stuntriding and freeriding

Motto
Dream BIG and never give up!

Idol
Chris Pfeiffer - 4x stunt riding world champion

Achievements:
- 1. place 125ccm stunt class - Kunmadaras extreme show 2011 (Hungary)
- 1. place scooter stunt - Stunt Bike Show Bordeaux 2010
- 2. place scooter stunt Scooter Fest 2010
- First person that ride a scooter freestyle show on Ice 200

こんな感じです。
これは、Wikiに書けるだけの情報もあるな…

それ以上に、ファンサービスは完璧だし、スロベニアでは有名ミュージシャのPVに出たり人気者です。
この動画をみれば、その理由もわかるかな?

まだまだ若いスタントライダーです。
こういう人が多く出てくるとバイクスタントも激しいだけでなく楽しいモノとして世間に理解してもらえる… かな?

それ以上に、こういうバイクスタントでもおもしろくすごいって感じさせられるってのが、いいですよねえ。
そうそう、この人って左膝を壊しているのかひざのプロテクションはしっかりしています。
左膝だけはいつもプロテクターをしていますしね。
あと、黒いベストを着用するのも特徴です。

蛇足ですが、普段この人がストリートでバイクスタント(許可を貰っています)ときはKTM DUKE 125を使用するのですが、今回は昨年発売された200のモデルを使用しているっぽいです。

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。