2013年05月31日

モーガン・スリーホイラーとケーターハムセブン…

13053104.jpgイギリスで制作された動画です。
ちょっと、言葉での説明が多いですがご勘弁を…

いきなり天気の悪い国でこのような軽量で屋根のないスポーツカーの自慢から始まります。
まあいいんだけどね…

モーガンは2000cc弱のエンジンで80馬力そこそこだそうで… 軽量だけど非力じゃないと思いますが、なにせ後輪が細いタイヤ一本だからそれはそれでいいでしょう。楽しそうだしね。ましてや日本の軽自動車よりも軽いし気にすることはない。
ケーターハムは書くことないや…合法な公道レースでさえフェラーリ等よりも速いクルマ。そう思ってもいいでしょう。

実際に所有するとなるとかなり割り切りが必要でしょうけど、それを些細な問題だと思えるならこんなに楽しいクルマはめったにないんじゃないかな。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 車の動画

2013年05月30日

世界一速いハヤブサ霊柩車…

13053103.jpgマジでこういう霊柩車があるんですよ…
そういうビルダーがいるし、ホントに使っているんだからしかたがない。

そもそも、レーサーではないサイドカーの最高速ってよくわからないでしょ。
このハヤブサ霊柩車の場合、126.6mph(204km/h)まで出したそうです。

まあねえ。この速度で走られた日には…中身がゴロンと転がり出る…ってことないでしょうが、普通はしません。
厳粛にバイク乗りがバイク乗りとして最後に乗せてもらうバイクだそうです。

せっかくだ。消されるかもしれないけど製作者のドキュメンタリー動画もおまけでつけます。
その方が、意味がわかる…かもしれません。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

プジョー208 T16 パイクスピークがセバスチャン・ローブ選手でパイクスピークに挑む…

13053102.jpgまあ時事ネタではありますが、これは驚きのニュースですね。

プジョーがパイクスピーク・スペシャルとなるプジョー208 T16 パイクスピークでパイクスピークに挑戦します。それもレッドブルカラーだ…
ドライバーはWRCの絶対王者と君臨しているセバスチャン・ローブ選手です。豪華だ…

気がつく人はすでに気がついていると思いますが、画像の右側が25年前のマシンとなります。
そういうことです。プジョーがパイクスピークに挑戦するのは25年ぶりらしい…

あれれ? ヒュンダイは? 参加はしますし作戦のトラブルを抱えながらの2位という成績を捨てるわけにはいきません。参戦するもようです…レッドブルは離れちゃったけど。

えっと、仕様はどうなっているんだ? V63.2リッターターボの875馬力だそうですが、馬力だけでは勝てないのもパイクスピーク。
さてさて、WRCのでは敵なしの王者セバスチャン・ローブ選手がどこまで走ってくるか…これは楽しみです。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 03:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 車の動画

ベースジャンプの最高高度記録に挑戦する…

13053101.jpgレッドブルネタです。

日本では三浦雄一郎さんが80歳という恒例でエベレスト登山に成功し、そして(これが大事)無事に下山したことがいくつものメディアで報道されました。
快挙というには無謀とも思ってします私がいますが、それは別として本当にすばらしいことだと思います。
それこそ、準備からサポートから万全の状態でありながらかなり危険をともなった登山でした。

さてさて、長い前置きは別として…それではウイングスーツ(ムササビ男ね)だとどの高度から滑空できるのでしょう?
………レッドブルが挑戦しました。
Valery Rozovさんが7220mから見事に成功させました。
この高度って、もうどんなに体力を回復しようと食事をとっても睡眠をとっても体は回復しない高度ですよね…
彼はここを4日間かかて上り、そして見事にウイングスーツによりベースジャンプを行ったわけです。
…準備のわりに飛んでいる時間というのは…いやなんでもありません。

概要を読むと、空気が薄いため垂直落下から飛行(滑空)に移るまでに多くの時間を要しとのこと…
これは怖い。
力を入れちゃたりして酸欠になって気を失ったら…想像したくないな…

なんだかんだといいつつ、そんなことをしても無意味だよねってのはまさに禁句。
人間が極限までできることを行い無事に生還することが冒険なんでしょう。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行動画

2013年05月29日

アリエル・アトムV8 vs 600馬力ラリークロス用シトロエンDS3 vs BMW S1000RR HP4…

13053001.jpgこれはねえ… ナニを書いてもネタバレなので先に動画を紹介します。

アリエル・アトムV8とラリークロス用のシトロエンDS3とBMW S1000RR HP4が、1/4マイルドラッグレースをするってだけ動画です。
分かる人にはわかる微妙な設定…

ただ、このチャンネルってクルマよりなんですよ。過去にはセミウェットでGT-Rとドゥカティのハイパーモタードを比べたり、アウディR8とこれまたドカティのディアベルと比べたり、明らかにクルマ有利なんですよね。
まあ、セミウェットはイギリスなので構わないでしょう。そういう天候が多い場所ですしそれも実力の内ですよね。

…で、今回は上記のラインナップです。コーナーなしです(これも突っ込みどころになるなあ)
長々と書きましたが、まずは動画を観てほしいと思います。

ウンチクはその後で…気になった人だけご覧ください。

Ariel Atom V8 vs 600bhp rallycross Citroen DS3 vs BMW HP4 superbike drag race - autocar.co.uk



続きを読む
posted by MoToDAMM at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画

モトジャーナルがBMW R1200GSを色々楽しく試乗する…

13052901.jpgモトジャーナルネタです。

かなり評判の良いBMW R1200GSです。
内容は前に紹介した別動画とさほどかわりませんが、そこはモトジャーナルです。
そうか、ライダーをこうやって適正に合わせてテストするわけですね。
おっと、走りは一流なのでご安心を…最初のくだらないやりとりは無視してください。

オンロードツーリングは楽しくキレイに速く走れて、オフロードではダカールラリーで活躍できるのが理解できるくらいの走破性です(車重が240kgオーバーなのに!!)
おまけにスタントも軽々…とはいかずともかなりのことができます。
更に更に、サーキット走行でも楽しめるほどには走ることができます。

そうそう、細かい(電子制御も含めてね)ライダーに対する気配りも良くできているようですね。
地味なバイクかと思いきや、多くのシチュエーションで楽しめそうです…街中を除いて。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 13:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年05月28日

ギリシアのSR20EDTエンジン搭載ミッドシップHONDA CRXカスタム動画…

13052803.jpgマナックな人は熱狂的な人が多いHONDAのCRXです。

もちろん、それだけはありません。
画像でわかるように後輪が太い… 後輪駆動に変えられています。
それでも速いんだんもん。文句ないでしょう。

こいう切った貼ったのカスタムは多くありますが、まだまだ世界には想像する以上になんでもありなようです。アイデアからして大雑把。でも細部は繊細。でも作りは大雑把。
まあなんでもいいや。
速くするとかキレイにするとか以前に、これでどうだ!!ってのが好きなんでしょうね。

ちなみに、日本ではこの手のカスタムではCRXのエンジンと駆動系を前からミッドに移して、MRとしたCRXもつくっていたりもしました。
一見普通、でも実はMRのCRX… こういうのも魅力的ですね。

そういうことを実現できる技術力がうらやましいなあ。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車の動画

火曜日恒例のサウジドリフトではなくサウジスタント…

13052802.jpgもう説明の必要もないサウジアラビアの若者たちによる片輪走行のスタントです。

日本にはカースタントの老舗タカハシレーシングという伝説的なカースタントチーム(正確には芸能事務所)がありますが、彼らが長年培ってきた技術を命知らずのサウジアラビアの若者はあっという間にモノにしちゃったってのが… 民族性とはいいませんが驚異的だと思います。

いやホント、ここまでのカースタントを無茶な練習で会得したはいえ、あまりにも短い時間で発展させた連中ってのはサウジアラビアの若者だけでしょう。

さすがに、サウジドリフトはその危険性から多くの国の人に非難をされましたが、こちらはそこまでにはなっていない様子です(危険性は似たようなもんなんだけど…)

そりゃね、非難することは簡単だし実際に非難されていも仕方がないことだとは思いますが、これをイベント等の場で(ドバイにいかないと無理かなあ)行うとかなりの高評価になるでしょう。

アメリカのストリートバイクスタントの連中がプロとなりイベント等でヒーローとなりしまいにはメーカーと契約するまでにいたった経緯を考えると、サウジアラビア名物の一つとしてなり得る… かな?
お国柄、難しいかもしれませんが、そうなっても良い位にものスゴイテクニックだと思います。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | サウジドリフト動画

ウイリーでレブまでエンジンブン回して壊しかけちゃう動画…

一発ネタなので、そのまま載せちゃいます。
シットダウン・レブリミッター・コースターというトリックになります。

Nasty Sitdown Rev Limiter Coaster Willie Dixon the Champ



2013年05月25日

BMWコンセプトナインティだってさ…

13052501.jpgいきなりこんなコンセプトバイクが公開されちゃいました…
BMWとローランドサンズデザインのコラボレーションでR90Sを現代に蘇させるというプロジェクトです。

最初に出てくるとノーマルのR90Sでもうこれ以上はない良いバイクなんじゃないかと思わせて更にコレですよ。敬意を表して完成形の画像は載せませんが、それは動画で確認してください。

40年前のバイクをクラシックでモダンでオリジナリティを尊重して独自のモノにしちゃうカスタムってのがスゴい…
見たことこともないカスタムバイクになっているのに美しい。おまけに充分に走り回れる。
コケかしてシリンダーヘッドを壊す心配がないならホントに所有したいと思わせてくれるバイクです。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 17:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年05月24日

20Bロータリーエンジン搭載RX-3ドラッグレーサー

13052401.jpg記事タイトルのままの仕様のキレイでカッコいいドラッグレーサーです。

画像の火花はサイドの排気管からのアフターファイヤーですね。
とんでもなく速いです。
こういう車種に20Bの3ローターエンジン搭載ってのがシブい。

街乗りでも乗ってみたいカスタムです(ハンドリングがどうのうこうというのは無視して…)
そういうことで、この記事もあえて動画タイトルは書かないでおこう…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 16:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | 車の動画

2013年05月23日

カーチェイス動画だと思いきや、ものすごくほのぼの…

13052301.jpg人気のあるカーチェイス動画です…うそです。
オチは書けません。
いつも表記する動画タイトルも書けません。
説明もできません。
悪しからず…

たまにはこういう動画でもいいですよね…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車の動画

2013年05月22日

美しいYAMAHA XV750ビラーゴベースのカフェレーサー

13052202.jpgたまに気になるカフェレーサーを紹介していますが、これは美しい。カッコイイい。
スタイリングも細部も走りもかなりのレベルです。

ベースがビラーゴってのもいい。
元々、カフェレーサーってのはトライアンフでないと認められないとかなんとかいう人もいたりしたんですがが、ドウカティベースが出たりCB750Kベース(4気筒だよ!!)が出たり更にはハーレーベースが出たりして、ボバーだかチョッパーだかカフェレーサだかはたまたストリートファイターだかよくわからない状況となっています。
分類わけに意味がないという人もいますが、人に説明するには都合がいいでしょう。

そういうことで、このビラーゴベースのカフェレーサー、なんだか乗り手がカフェレーサーっぽく乗ってない気がしますが気にしない。
本人が自信を持ってカフェレーサーだっっていっているんだから紛れもなく美しいカフェレーサーですね。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 06:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

レッドブルの不健康な400m走…

13052201.jpgレッドブル主催の400m走です…スキーのジャンプ場を使って。
もちろん下るワケではなく登ります。こりゃ過酷だ。

この競技ねえ、昨年も行われたんですがちょっと危険かなと思って今年はしないと思っていたんですよ。
俗にいうエナジードリンクでしょ。飲み過ぎると心臓に負担がかかるワケでして、実際にモンスタエナジーは子供が大量に飲んで天に召されちゃったりもしています。

少しでもスポーツをしている人ならわかると思いますが、そういう無理して元気になったつもりで負担のあるドリンクメーカーがこういう競技をしちゃっていいものかなと…
特にレッドブルはそういうエクストリーム競技に力を入れていますがちょっとでも危険だと判断したらすぐに撤退すると思ってたんですけどねえ。

しかし、今年もしちゃいました。
その過酷さは競技終了後の参加者の様子でわかるかと思います。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画

2013年05月21日

主にミニトラック系のサウジドリフト動画…クラッシュもあるよ。

13052101.jpgさてと…どこから突っ込めばいいやら…

いきなりスクーターに二人乗りってのは微笑ましく見えちゃうかもしれません。
おっと、めずらしく古いアメ車で走り回っています。見事にタイヤがもぎ取れた…
ハイドロを組んだように走っているのはアクセルワークかな? それともホントにハイドロ組んでいる?
妙な踊りを披露するデブ恰幅のいい若者は親しみやすいね。
リアタイヤがバーストしても気にしないのはその方がドリフトしやすいからです。でも火を噴くと砂で消すのはやはり水が貴重だからなんだろうなあ。
接触はよくあることですが、それで追いかけますのにわざわざドリフトするってのはなんだかなあ…

あとは、三重事故や横転もあったりするけど、さすがに書ききれません…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 15:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | サウジドリフト動画

2013年05月20日

バイクで本気で攻めるとこうなるよって動画…

13052001.jpgうちんちに来る人って、だいたいが「バイク」「最高速」だったりするわけでして…
まあね、それで生き残れればすげーって人事にできるんですが、実際には違うのはご承知の通りです。

そういうことで、例のドイツの走り屋連中の自戒を込めたクラッシュ動画です。
これで天に召された人がいないってのがなんともかんとも…
実際には1年ほどリハビリをして復帰してそれでも軽々と200km/hオーバーで走っちゃうと人もいるにはいるんですが…

いやいや、実際に事故ってのは体の損傷だけでなく金銭的にも他人に対しても多大な迷惑をかけることになりますから美談にしてはいけませんよね。
わかってはいるけど忘れがちなことなので事故の痛みを想像しながらバイクには乗りたいもんです。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 23:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年05月19日

深く考えずに自作パルスジェットを作るとこうなる…

13051901.jpgあんがいと簡単につくれてしまうジェットエンジンです。
ホントはそれなりの知識が必要なんですが、仕組みがわかれば作れないことはありません。
………でも、ケガで済めば御の字というレベルだということだけは認識してくださいね。

普通、ジェット飛行機等に使用されているターボジェットエンジンはタービンでギュウっと空気を圧縮してそこに燃料を噴射することにより自然発火で推進力を得るわけですね(厳密には違うけどそう思ってください)
これに対してパルスジェットは圧縮ができないので自然発火しません。だから点火プラグで発火させます。
クルマのエンジンでいえばシリンダーヘッドを外してインジェクションからの燃料をプラグで爆発させているようなもんだと思ってください(これも厳密には違うけどそう思ってください)

でだ。この連中ですがガスを使ってパルスジェットエンジンを作りました。
作ったことはスゴいことです。
でも、あとがお粗末なんですよね…
いきなり燃え出しているし、最後にはコントロールできなくて慌てています…

この連中、こういうことばかりしている有名人だったりします。
基本的に危険なことと火遊びが好きなんですよ…困ったもんだ。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 動画

2013年05月18日

ボスホスで最高速アタックをする動画…

13051801.jpg動画のコメント欄ではにわかに信じられないという意見が多数ですが、画像の通り260km/hまで引っ張っています。

そりゃね、エンジンによっては454の8リッターエンジンとかそれにスーパーチャージャーをつけた1000馬力仕様とかいろいろ無茶苦茶な馬力至上主義のバイクですけどね。
(よく見るとシボレーの502エンジンで502馬力と書いてある)
それゆえ、アメリカンバイク特有のホイールスピン時の安定性からいえば、世界で一番長いブラックマークを付けられるバイクではあるんですよね。
ただ、どう考えても車重とフレーム剛性等からいってこの速度は…理論的には出るだろうけど無理だと思ってました。その真偽はともかくご覧のとおりです。

この速度での恐怖感に耐えられる人って限られてくるというか、ちょっと神経が人とは違うような気がします(ホメ言葉)

続きを読む
posted by MoToDAMM at 22:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年05月17日

KAWASAKI Z800をハデに試乗する…

13051702.jpgモトジャーナルネタです。
ちょっと説明が多いですが、暴れるZ800を見事に乗りこなしています。

最近のバイクでここまで暴れるってのは珍しい感じがしますが、それでも踏ん張って安定して走られるところはさすが現在のバイクなんでしょう。
これがKAWASAKIが目指したメーカー製ストリートファイターのこたえなのかもしれません。

極限まで割り切って性能を出すよりも暴れても使いきれるバイクってのは楽しいもんです。
………調子乗ると事故るけどね。

気合を入れてバイクと付き合うのではなく普段から爽快に走られるバイクってのは魅力的だなあ。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

米軍の無人戦闘機X-47B、空母からの発艦に成功する…

13051701.jpg以前、地上でのカタパルト発進のテストを繰り返していたX-47Bですが、空母USS George H.W. Busからの発艦に成功したようです。
もう大々的に広めちゃっているな…実にアメリカらしい抑止力だ。

着艦はできるのかどうかわかりませんが、まあ地上に着陸すればいいだけの話でして…
これで世界のどこにも無地戦闘機が攻撃を仕掛けることができるというある意味恐ろしい状況が現実となってきました。

アメリカにとっての経済的信用ってのはまさに軍事力なワケでして、こりゃまた様々な矛盾をかかえていますが、それに頼るしかないのも現実なのでしょう。
ちなみに中国の経済的信用は人海戦術による安くてもなんとか使える製品だった(過去形)りしますし、ドイツの合理的で生真面目な製品づくりも経済的信用でしょう。
顧みて日本の経済的信用ってなんだろうと考えた場合、製品の品質と実は日本国憲法だったりします(日本の憲法は世界的にものすごく評価されている)
品質の高い日本製品と工場を呼びたいがために紛争を止める国もあるくらいですからね(ミャンマーなんか典型的)

………投資をしている私からみて日本が改憲をしたら信用をなくして没落すると思いますよ。
戦後日本が発展してきた理由を投資家の目で分析すると理解できることですが、軍事力が抑止力にならず混迷しかもたらさないことは明白なんですよ。軍事力よりも経済的な抑止力のほうがはるかに強力です。

…で、上記のアメリカのジレンマにつながるワケなんですけどね。
(アメリカが軍事産業を含め軍縮を行うと不景気になっちゃう)

おっと。またもや話が脱線しました。悪いクセです。申し訳ありません。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行動画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。