2013年07月31日

チームまで出来だしたスピン系のサウジドリフト連中…

image (31).jpgいきなり隊列を組んでます。
走り出したらいつもの通りムチャクチャになるんですけどね。

200km/hオーバーでドリフトして横転してぽーんと人が飛んじゃうよりは安全らしい…
その代わりハコ乗りでドリフトするわ、クルマに触ろうとするギャラリーはいるわで危ないといえば危ない。

タイヤがバーストしているのは気にしないでください。
ワザとしていることですから、その方がホイールスピンがしやすいと思っているフシもあるし…
おかげで路面にはタイヤカスが散らばっております。モゲたタイヤも転がってます。

一部車両には大口径のターボを付け始めたようです。
日本ならレスポンスがどーのこーのって気にするところなんですが、サウジアラビアではターボは大きければ大きいほど良いらしい。
レブ当て続けて走るだけだしね。
あ、もちろんクルマを大事にするという概念も希薄なのでエアフィルター装着率も低いです…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | サウジドリフト動画

2013年07月30日

愛らしいスバル360走行動画…

image (30).jpg前にね「脱兎号からダットサンへ…」という記事を書いたからにはスバル360、通称「てんとう虫」も取り上げないとね…

さすがにスバルは新しくブランドを復活させてスバル360を現代に蘇らせることは… DAUSUNのやり方をみるとあながちないとは言い切れないかもしれない…
そうなったら楽しいですね。日本でも購買意欲があるかもしれない。

このスバル360ってクルマは書くこともないくらい有名ですよね・
当時の軽自動車の規格である360ccの2サイクル2気筒。今となってはかなり小さいけど、当時は家族四人が乗れる初めてのファミリカーだったんですよね(マツダのキャロルはちっちばかしぶかっこうなので無視しておこう)

今でも、ちょっと変わり者の若者が楽しそうに乗っているのを見たことがあります。
なんだかんだといっても愛らしく楽しいクルマですよねえ。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 車の動画

YAMAHA MT-9だってさ… その2

image (29).jpg以前の動画「YAMAHA MT-9だってさ…」の続編です。
まさに日本を狙ったイメージで推してます(日本で販売されるのかな?)

もう個人的にはツボですね。
ガンガンに都市部では走り回せそうなのがいい。
前にも書きましたがYAMAHAが誇るクルスプレーンクランクを使用した3気筒エンジンで850ccです。
115馬力で乾燥重量は171kgのようです。流行りの3モードの走行特性を選べるみたい。
乗りやすそうだなあ。そしてブン回して走れそう。

2013年10月に発売予定のようです。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 02:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画

ポルシェの最新ハイブリッドカーシステムについて…

image (28).jpg………説明が長くなる上に間違いが多々あるかもしれませんのでご了承ください。

ポルシェがハイブリッドを最大限に活用するシステムを研究しているようです。
いや、ほぼ完成しているみたい…
カイエンから始まって918スパイダーとポルシェがハイブリットカーを積極的に開発していることは周知の事実ですが、どこまでハイブリッドを活用できるかを提案しています。その名も「e-hybrid]です。

もちろん、外部からの充電はあたり前の装備でして、これがポルシェ独自のシステムとなっています。
具体的には夜間電力に設定すれば安上がりに無駄なく充電ができます。これはエコにつながりますね。
そう、受電時間が設定できるというかとは2時間半での充電も可能です。この充電器はポルシェの資格を持ったメカニックが責任をもってメンテナンスをしてくれます。

肝心の走りは、電気の身での走行はもちろん、35kmという距離制限があるものの135km/hまでの加速が可能です。
もちろん、バッテリーが切れる前に自動でエンジンはスタートします。そこに違和感を感じさせないとのこと。
ただ、バッテリー駆動からエンジン駆動に変わるときにはアクセルを通してドライバーにそれを感じさせるようになっているそうです(そうなんですよ。バッテリーのパワーメーターもついてます)
巡航速度では自動的にバッテリーに充電がおこなれます(これは普通ですね)
そしてバッテリーでの出力により無駄なガソリン出力を抑え燃費をよくするわけです。

さてさて、アクセルオフの時ですがこの時は自動でエンジンが停止し制動力は発電に回されます。
ブレーキを使用することにより切り替えるのではなくアクセルオフのみでバッテリーに充電が行われるわけですね(普通ならここで減速じの違和感があるはずなんですが… それもないとのこと)
再びアクセルを踏んだ時には瞬時にエンジンがかかり自然に出力が戻ります。
つまり、常にエンジンが無駄にガソリンを使用しないようにモーターが制御をするということです。

ここからがポルシェの本領発揮となるわけですが… ハイブリッド車としてエンジン+モーターこの組み合わせはパワーにも活用されます(よくよく考えればポルシェだもんね)
モーターはエンジンのパワーに加えてBoostとして更に加速にも貢献します。

最後に… もしバッテリーが切れて燃費が悪くなるってのも困りモノですが、そこにも工夫がされています。
家庭用の電源で充電も可能だったりします。
常にハイブリッドの恩恵を受けられるようになっています。

この他、かなりのハイテクにより快適な走行・そしてサポートが受けられるようですが、そこは割愛しておきます。興味のある方は調べてください。

ポルシェがかなりの自信を持って発表したからには喜んで説明をしてくれる… じゃないかな?
(~~)ウ〜ン… やはり無駄に長い説明になってしまった。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 01:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 車の動画

2013年07月29日

地味ながら速い。2012年型シュコダ・ラビットTSI 1.2の走行動画…

image (27).jpgナニかと日本では知名度低くて人気がないシュコダですが…
現代のクルマだもん。それなりに早いです。

TSIの1.2だから4気筒1.2リッター・ターボで104馬力程度になるのか…
普通だったら遅いよね。
でもかなりスムースに走っているようです。
これが車体のおかげなのかは不明ですが、馬力だけでクルマを判断すると見間違うということかもしれません。

良いクルマだと思うんですけどねえ。
わざわざ日本で乗るメリットは少ないかもしれません。

熱烈なファンがあえて日本で乗り込んむなら、それはそれで嫌味なく称賛すべきこだわりでしょう。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車の動画

1989年、アイルトン・セナの走りをテレメトリーで再現する…

image (26).jpgちょっと話題に出遅れましたが、HONDAが1989年に世界で初めて走行中のF1マシンの挙動をテレメトリーで記録していました。
そして今、それをかの鈴鹿サーキットにて光と音で再現しました。
情緒的であり美しい映像になっています。
いろいろな思いが交錯してますしね…

確かに当時の記録(よくよく考えればものスゴく貴重だ)が残っていれば可能なことなんですが、それを実際に行い光と音で魅せることが素晴らしいと思います。

ちょっと、ノスタルジックかもしれませんが、それでもいろいろな思いが蘇ってきます…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車の動画

ブラジルの名物バイク乗りいつものように走り回る…

image (25).jpgずっと前にも初回したブラジルでは有名なバイク乗りです。
テレビで紹介されちゃうくらい陽気というか無謀というか… ハイテンションですり抜けをするそういうバイク乗りですね。

バイクはZ750なんですが、マフラーは変えているのか直管にしちゃっているのかうるさいです。
それでも一般市民は気にしません。お国柄なのかなあ。
「はいはい追い抜きますよー」って感じで空ぶかしをしてホーンを鳴らしています。
そしてそれが嫌がられいない… 逆にかなりフランクに接して、そして同様に他のバイク乗りにもフランクに接してくれています。
走りは… 危ないんだよねえ。でもこれが普通。クルマもそういったものだと避けてくれます。
だから爆音とホーンがマナーなのかもしれません。

5年ほど前、ブラジルがオリンピックのために本気で武装警官を配備した時はこんなものではありませんでした。300km/hで暴走するバイクを追いかけて、バイクはバイクでハイウェイを逆走して逃げて結局パトカーがバイクにぶち当てて拘束されたりとね…
急激にブラジルの社会情勢は変わったようです(ブラジル国債の推移を見ればわかるかと… あ、いまからブラジル国債はやめたほうがいいです。今後の見通しがわからない…)

そんなこんなで日本では非常識でもブラジルではけっこう陽気に許容しているっぽい動画です。
私も現地を知るわけもないので想像でしかないのですが、いろいろ興味深いと思いますよ。

おっとっと、忘れてた。
このバイク乗り実は二人乗りでこの走りだったりします…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年07月28日

2013年レッドブルX-Alpsダイジェスト動画…

image (24).jpgこのイベントってレッドブルの中ではかなりの人気がありまして…
その過酷さと冒険心とか魅力的です。

ルクセンブルクらからモナコまで直線距離で850km、実質1000kmオーバーを徒歩とパラグライーだけで走破するってんだからものスゴイ。
パラグライダーだからかなり飛距離が出ると思うでしょ。
でもね、パラグライダーが離陸できる山まで登らないといけない。もちろん徒歩です。
これはキツイ。でもみんなそれをやり遂げるだけの実力を持つアスリートたちです。
だからこそ魅力的。

一昨年かな? NHKで特集をしていたんですが、いかんせんレッドブルの名前は出せないし、日本人選手ばかり追うし、余った時間は観光案内というズッコケものでした…
もし今年も特集をするなら、競技の魅力を伝えてほしいなあ。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行動画

2013年07月27日

BMW S1000RRでスピーウェイを疾走する…

image (23).jpgほぼ一発ネタの上にインタビューが長いですが、挑戦としてはおもしろいかと思います。
200馬力のS1000RRでスピードウェイを疾走します。
200馬力を使い切ることを前提にね…

それがどこまで可能なのかは別として迫力があります。
結果はご覧通りになっちゃいましたが、こういうチャレンジは称賛したいですね。

深い意味もなく楽しいですから…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | バイクの動画

伝説のライダー、John McGuinness(ジョン・マクギネス)選手の鈴鹿サーキットオンボード映像…

image (22).jpgJohn McGuinness選手がどれほどのレーサーなのかは、各自ググって調べてください。
この人が鈴鹿サーキットを走っているとは知りませんでした。
軽々と流しているんですが、それでも更に流している他のライダーを軽々抜いていきます。

それ以前に、鈴鹿サーキット全周をオンボードで見せてくれるってのはけっこうめずらしいかな?
こうやって改めてみてみるとエスケープゾーンの少ないオールドサーキットになっちゃったなあ。
ものすごく魅力的なコースとして諸外国のプロレーサーには評判がいいんですけどね。

ちなみにこの動画の提供はHondaRacingEurope http://www.youtube.com/user/HondaRacingEurope となります。
一見地味ですが貴重な動画だと思いますよ。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

踊るDATSUNの発表会…

image (21).jpg記事タイトルからしてネタバレ気味ですが…
新興国向けブランドとして復活したDATSUNの発表会が行われました。
場所は… ご想像の通りインドです。
これでDATSUNの戦略がより明確に理解出来ますね。

カルロス・ゴーン氏を始めそうそうたるメンバーが現地入りしています。
これもそこまでインド市場を重視している現れでしょう。

さてさて、日本車という信頼を武器にどこまで格安車大国インド(SUZUKIが半分のシェアってのもあるが…)で成功するか、今後の日本のメーカーの試金石となる… ってのはいいすぎかな?

おもいっきり蛇足ですが… 日本政府としての信用は落ち目です。新聞報道にまでされた国連の動き、アメリカの牽制を見ればわかるかと思いますが…
その中で日本企業がどこまで立ち直っていくか… 苦しいビジネスになりそうですが、あえて日本企業の底力を期待したいところです。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 車の動画

2013年07月26日

「United Streets of America」ってDVDが出るらしい…

image (20).jpg2014年春に発売予定らしいです。もちろん日本での発売は未定。
欲しいところなんですけどねえ。

最近ではめずらしくおもいっきりイリーガルな匂いが満ちています。
いきなりクラッシュしているし、パトカーの後ろでウイリーしているし…
画像はストッピーでバスに後輪をくっつけちゃっている場面です。
(・。・)あ… ストッピーで信号横断中のおねーちゃんを驚かせている…

なんというか、いまだに00年台を引きずっている感じが… 正直楽しい。人事だしね。
しかし「United Streets of America」ってタイトルはなかなか秀逸だと思います。

続きを読む

2013年07月25日

新型シビックツアラーが開発中だってさ…

image (18).jpgよくわからないんですが「リアアダプティブダンパーシステム」ってのを採用するらしいです。
HONDA自ら開発中のモデルを公表するってのは興味深いです。カモフラージュしているけど… いやいやあえてカモフラージュで見せちゃっているところがニクイ。

肝心の「リアアダプティブダンパーシステム」ってのがどういうものかは専門誌の方々の説明待ちとしまして、とりあえず雪道でも安定して走れるのかな?
モード変更ができて乗り心地が良いってのは確かみたいです。

(~~)ウ〜ン… 書いていて自分でもナニをいっているのかわからなくなってきました…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車の動画

2013年07月24日

ごちゃまぜサウジドリフト動画…

image (11).jpg火曜日恒例ではなくて水曜日になりましたがサウジドリフト動画です。

なんかもうめちゃくちゃになっています。
追いかけるパトカーを更においかけたり、投石したりぶつけたり、下手にドリフトしてクラッシュしたり、一般車にぶち当てたり、ジャレてるのかケンカしているのかぶつけあったり、タイヤが外れるまでぶん回したり、燃やしちゃったりしています。
乱暴だ…

最近はエンジンまでイジっているからよけいにタチが悪い…
この国のクルマ文化はどこに向かうのだろう…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サウジドリフト動画

2013年07月23日

ポルシェ911のシリンダーを使ったSR500ベースのカフェレーサー

image (12)b.jpgなんともかんとも奇妙というか奇抜というかそれでいてカッコイイカフェレーサーです。
ポルシェのシリンダーを使用しているんですって。
それでいて違和感がない。音もいい。
何よりもスタイリングがいい。

パッと見た感じではオートレーサーに見えなくもないですが、それでも微妙に違ってカッコイイ。
バイクのカスタムはまだまだ自由だなあ。

見て乗って走って楽しそうなカフェレーサーですね。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年07月22日

HONDA MSX125(GROM)の評判が良いらしい…

image (17).jpg前々から気になっていたんですが、HONDAのMSX125(GROM)が人気のようです。
タイ製のWavei(だっけ?)に使用されているカブ系の一番大きいい125ccエンジンにコンパクトながらしっかりとした車体。豪華な装備。そしてなかなかの走行性能。
こりゃいい。欲しくなるなあ。
どんなところでもひょいひょいと気楽にそして速くガンガン振り回して走りたいなあ。
若い人には… オシャレに見えるかな?

少なくとも生産国のタイでは納車待ちがかなり溜まっているとか…
125ccで本格的にバイクの楽しさを味あわせてくれる車種って少ないと思ってたんですよね。

試乗会があったら行ってみようかな?
(購入することになったりして…)

続きを読む
posted by MoToDAMM at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年07月21日

成金ロシアのドラッグレース動画…

image (16).jpgいつも紹介しているロシアのドラッグレース動画です。

出場車は270馬力のハヤブサータボに200馬力のGSX-R1000、それと600馬力のGT-Rですね。
なかなか、微妙な勝負になりそう…

(~~)ウ〜ン… そういう結果になるかあ。
確かにプロが本気で走っているワケではないですが、この結果はねえ。
逆にいえばプロじゃない人が走らせるとこのくらいの差になるということなのかもしれません。

クルマはお金をかけないと速く走られないのかなあ…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの動画

2013年07月20日

ドゥカティ・ディアベルでバハをツーリングする…

image (14)a.jpgバイクってね、クルマと違って旅先の匂いと風土を感じながら走るのが楽しいんですよね。
密閉されたクルマじゃこれは楽しめない。

そういうことで、バイクのツーリングを満喫した動画です。
こういうツーリングもご無沙汰だなあ。
どうしても目的地まで一直線でに走っちゃう正確だから、こういうツーリングは憧れますねえ。

最低限の身の回りの品をバイクに積んで、行く先々の匂いを感じながら走る…
自転車と違って疲れないしね。

人馬一体という言葉は嫌いなんですが、人が旅する本質的なおもしろさがありそうだなあ。
昔はこうやって走り回っていたんだですけどね、心に余裕を持ってこういうソロツーリングをしたいなあ。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 12:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画

パルクール(フリーランニング) vs トライアルバイク屋内での競争動画…

image (13)a.jpgえっと、まずか公式の動画なのでご安心ください。
合法なんですよ。

さてさて、BBCの「ヤラセ」と「演出」は厳格に決まっていたりします。
まず、競争はヤラセなしのホントの結果をとなります(それこそ放送倫理規定に定められています)
では、演出とはナニか… これはホントの競争を盛り上げるための後撮りのシーンです。

最初から結果を決めてそれに合わせて撮影をするってことはしません。
(日本の放送業界はこれさも視聴者をなめて制作してるモノが多数なだよなあ)

おっとと、このトライアル選手ですが… 「生きる伝説のトライアルライダー、ドギー・ランプキン氏がレッドブル・レーシングを訪問する…+おまけ。」で紹介したDougie Lampkin選手です… 超一流。

そういうことで、ゴールでのタイム差は… ヤラセでないホンモノの結果になるんですよね。

続きを読む
posted by MoToDAMM at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画

KTM 1290 Super Duke R Prototype、Goodwood Festival of Speedで攻めて走る…

image (12)a.jpgプロトタイプのくせにレーサーにさえもなりそうで、おまけに市販しても良いくらいの完成度のKTM 1290 Super Duke R Prototypeが、かのグッドウッド・フェスティバル・オフ・スピードでデモ走行をしました。でも走行にしては攻めてるなあ。

そこまでの完成度があると判断しましょう。
リッタースポーツwp凌駕しそうなパフォーマンス(そりゃ自由度でいえば敵なしじゃない?)

乗る人を選ぶという意味では、これぞバイク!!って感じです(異論は認める)
ここまでとんがったバイクってのは魅力的だなあ。
ブン回して乗る気にはならないけど…

続きを読む
posted by MoToDAMM at 09:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | バイクの動画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。