2013年07月19日

アラブからきたミリオネアボーイズはロンドンの街を走る…

image (11)a.jpgちょっとだけ、というかわりと問題になりだしているお話です。
ちょうどラマダンの時期だしね。

アラブ諸国… オイルマネーによる若い金持ちのね。ラマダン中のロンドンでの立ちふるまいが、イギリス人に軋轢を生み出しているようです… なんとなく想像できるけど、今のところは断言しないでおこう。

普通はロンドンで購入するには並大抵の努力(金銭面ではないよ)が必要なスーパーカーでナニも気にせずにうろうろ走るんですよでね(ややこしい保険は無視。あとあとトラブルになっている)
ホンネで「ビッグ・ベンを聞いてノイズだな」とか言っているし…
他国の文化を尊重する以前に理解しようとしていない… (成金だなあ…)

かなりオブラートに包んでいるレポートではあるんですが… いろいろ考えさせられますね。
個人的に、高級車に乗るには、それに合わせた立ちふるまいが必要だと思いんですよ。
うん。これは背広を始めとするファッションでそうですよね。
身なりで普段とは違う立ちふるまいをしないといけないとか… (日本人はこういうところは神経質までに気を使いけど…)

さてさて、このミリオネアボーイズですが… そういう気遣いは皆無なのかなあ。
お国柄かな? 民族(だけじゃないけど)の違いかな? 一番的確なのはしつけというか教育の違いなのかもしれません。

せっかくのグローバル社会。多民族とか地域の文化を尊重し、その上で海外の文化を楽しんでほしいところなんだけどなあ。日本に住む私の勝手な理想論になるのかなあ。

続きを読む


posted by MoToDAMM at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 車の動画

Infiniti Red Bull Racing、どこまで本気だか… レッド・ブル・ソープ・ボックス・ダービーに参加する。

image (10).jpgレッド・ブル・ソープ・ボックス・ダービーの説明は不要でしょう。
駆動力を保たない何でもありのカートが坂道を下ってタイムアタックです。
もちろん、早ければ評価が高いとは限りません。アイデア・センス・造形のすばらしさ、そして仮装に巧みな技術。近年、かなりレベルアップし大いに盛り上がり感心することしきりの参加車両が目白押しのヒットしたイベントですね。

そこに、まさかのInfiniti Red Bull Racingが参戦です。
当人たちも充分に理解していますが、最新のハイテク設計だけではウケないし勝てない勝負(?)です。
常勝を使命としたInfiniti Red Bull Racingとしては… 生きにくになるの?
忙しいだろうに、それでも楽しんでいます(この余裕はさすがだなあ)

はてさて結果は? 聞くのは無粋でしょう。
結果がすべてじゃないイベントですからね。


続きを読む
posted by MoToDAMM at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画

Aaron Colton君、ボリビアでバイクスタントをする…

image (9).jpgレッドブルのプロモーションの一環としてAaron Colton君がボリビアを舞台にバイクスタントを行いました。
都市部ではイベントもしていますしね。

さてさて、なぜボリビアなのか? これは私にはわかりません。
特に激動の歴史を持ち、ゲバラの最後の地として有名なボリビア。
日本に住んでいると中々の歴史は理解できないものだと思います。

これも時代かなあ。
レッドブルがこの地を選んだものいろいろなマーケティングの結果かもしれませんが、それでもボリビアの風景は魅力的です。

さてさて、このAaron Colton君。13歳でバイクスタントを初めてレッドブル契約ライダーとしては10年近く契約しているという実力派です(素顔がかわいい)
貫禄さえも醸しだす大御所となっていますねえ。

続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。