2008年11月13日

回復祈願!! AC Fariasとその仲間達のエクストリームバイクスタント動画

深刻なケガで治療中のAC Farias氏を応援したいと思い、あえて彼の動画をご紹介いたします(詳しくは「AC Farias氏のエクストリームバイクスタント動画」のコメント欄をご参照ください)
AC Farias氏だけの動画だと生々しいので、彼の仲間(というには一流過ぎる顔ぶれだけど)との練習の様子です。

10年以上も超一級のスタントをこなし、これだけの一流スタントライダーから尊敬を集め(動画タイトルが「acfarias and friends」だもん)、神と崇められているエクストリームバイクスタント界の大御所ですから、これで「引退」とはなってもらいたくないものです。

しかしながら、スタントライダーとしての進退に関わる深刻なケガであることには、変わりありません。
私としては、今はただ彼がバイクに乗れるように回復することを願うだけです。

acfarias and friends



比較.comのバイク保険一括見積もり!【無料】
バイク書籍/DVD・サービスマニュアル・パーツリスト






この記事へのコメント
ようすけさんのご指摘で再度確認したらありまりしたハンドブレーキ。
やっぱり必要不可欠のモノでしたね。(世界の師匠も人の子でした。ホッ。)
引退といっても深くスタントの世界にかかわってゆくならそれも良しと思えます。
世界中の弟子達がこれからも頑張ってくれますよ。
憶測ですが、左膝下がダメでもシフト操作以外は問題ないトリックや立って行うトリック以外なら今すぐにでもやれると思います。もしかしたら本人がこれを機に引退を望んだのでは…
個人的な考えです。
Posted by ピーキー at 2008年11月14日 15:40
ハンドブレーキは、ざっと確認したところTDM850時代には使用していないようですね。
ゆえにそれ以降に装着したかと思います。

>憶測ですが、左膝下がダメでもシフト操作以外は問題ないトリックや立って行うトリック以外なら今すぐにでもやれると思います。

事故の内容から考えるに、さすがにまだ歩ける状態ではないと思いますよ。
一昔前ならば、足を切断しなければならないようなケガですから…
ただし、現時点で松葉杖をしての歩行が出来るのならば、かなり深刻な状況は脱したと思います。
私と私の友人が、それぞれ膝の靱帯損傷を経験していますが(特に友人は2回手術をしている)、ともにバイク復帰には約2ヶ月かかりました。
事故から3ヶ月ほどですから… (~~)ウ〜ン… 今の状況が一番大事な時かも知れませんね。どこまで回復しているか知りたいところです。

引退の決意は、本人の希望だそうですが、確かに音楽(趣味の域を超えているらしい)とか自分の生活を見つめ直すためだとかなんとかChris McNeil氏は書いていましたね。
Posted by MoToDAMM at 2008年11月14日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。