2009年09月25日

地味動画:webCGmoviesよりトヨタ2000GT試乗記

ボンドカーとして知られていながら、まず走っている姿を見ることができない日本製スーパーカーのトヨタ2000GTの試乗記です。

細かい内容は割愛ね。
日本語動画だから解説もわかるでしょう。

しかしまあ、スポーツカーのお手本のようなデザインは美しい。
デザインバランスも良いと思う。
特に2台だけボンドカーとして作られたオープンモデルはすばらしいと思います。

これは懐古趣味ではなく、当時のデザイナー・設計者が時間をかけ練りに練ったデザインをしたからだと思います(1960年代の開発状況まではさすがに把握できない)

最近のクルマはCAD設計が当たり前、しかもプレス加工の制限とか安全性とコストとかいろいろな問題でこのようなデザインはしたくてもできない。
これはちょっと悲しいことです。

ちょっとしたアイデアですばらしいデザインってのは出来るモノなのですが、均一の曲面を持つボテボテした最近のクルマを見るとちょっとねえ。努力はわかるけど愛着がわかない=興味が持てないんですよねえ。

クルマ好きの若い人にこそ興味を持って欲しいクルマですね。

トヨタ2000GT(FR/5MT)(前編)【動画試乗記】

トヨタ2000GT(FR/5MT)(後編)【動画試乗記】



中古車登録台数 国内最大級の30万台 Goo!
ネットキャッシングならキャレントで借りんと!
スナップオン・ツールズ オンラインショップ







posted by MoToDAMM at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 車の動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日産新型フーガ デザイン解説にもの申す!!
Excerpt: もうね、久しぶりに呆れたというか、日本車のデザインは今後絶対に向上しないのではないかとさえ思うプレゼンを見ちゃったのでご紹介。 はっきり車種を書かないと意味がないので書いちゃいますけど「日産の新型フー..
Weblog: 現実逃避!!
Tracked: 2009-11-01 12:44


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。