2009年10月17日

(×_×)なぜ? 最後にこんな悲しみを与えるのだ!! 加藤和彦!!

ナニも書く気になれない…

「あの素晴しい愛をもう一度」加藤和彦さんが自殺

 17日午前9時25分ごろ、長野県軽井沢町にあるホテル客室の浴室で、音楽プロデューサーの加藤和彦さん(62)=東京都港区六本木1丁目=が首をつった状態で死亡しているのを、駆けつけた軽井沢署員が見つけた。死因は窒息死で、同署は、現場の状況などから自殺とみている。

 加藤さんは16日に1人でホテルを訪れ、1泊の予定でチェックインしていた。同署によると、室内から自殺をほのめかす内容の手紙2通が封筒に入った状態で見つかった。あて名はなく、文字は印字されたものだったという。

 加藤さんは16日、知人の女性と携帯電話で話をした際、自殺をほのめかすような言葉を漏らし、その後に連絡が取れなくなった。女性は心当たりに電話をかけて行方を捜していたところ、17日朝、このホテルに同じ名前の男性が宿泊していることが分かり、ホテルが午前8時半ごろ、「宿泊客の様子を確認してほしい」と警察署に通報。知人の女性と、加藤さんの仕事仲間の男性が、身元を確認したという。

     ◇

 加藤さんは京都府出身。学生時代にフォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成し、67年に発表した「帰って来たヨッパライ」が大ヒット。朝鮮半島の南北分断の悲劇に題材をとった「イムジン河」が発売中止になり、話題なった。69年にグループ解散後も「あの素晴(すばら)しい愛をもう一度」などのヒット曲を手がけた。72年にはロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」を結成し、海外でも高い評価を得た。




追記。
リンク元削除のため、動画の差し替えを行いました<(_ _)>
エンベッド不可です。ご了承ください。




追記の追記。
画質が落ちますが、新たなリンクを発見しました。





posted by MoToDAMM at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。