2009年10月29日

絶対にしてはならない行為をしてしまったレース動画…

ラグナセカでのALMSシリーズの動画です。

コルベットとポルシェの激しいバトル。
白熱しすぎた様子でもあります。

そして運命の最終ラップ。それも最後のストレート。
モータースポーツでは、ちょっと信じられない行為が行われました。
これはナシだよねえ。
マナーとか以前の問題。
白熱したレースは歓迎だけど、我を忘れてはレーサーとして失格だと思う…
どちらが悪いとかいろいろあるので、あえてそれに触れないけど…

イリーガルなストリートレースでもこういうことってないよね?

最終ラップ版
ALMS big crash at Laguna Seca 2009

残り数周からの白熱した様子…
Incredible ALMS GT2 Final Laps Battle at Laguna Seca 2009



エンジンオイルで変わる
スナップオン・ツールズ オンラインショップ
「コスモ・ザ・カード・オーパス」新規入会特典でガソリン500円相当分プレゼント







posted by MoToDAMM at 13:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 車の動画
この記事へのコメント
すごい接戦ですね!

それにしても、良い勝負!
僕はてっきり、サーキットとかだと、
ポルシェの方が速いのかと思ってました。
(スミマセン。全然素人なので、かってな思い込みですが)

あえて触れてみますが、
これは、ポルシェが、進路を強引にふさぎすぎなんですよね〜…?
Posted by ぴろお at 2009年10月29日 19:33
私も稀に見る接戦だったと思います。
周回遅れを左右から別々にパスするなんてマンガしか見たことがない…

>これは、ポルシェが、進路を強引にふさぎすぎなんですよね〜…?

これなんですよねえ…
基本的にポルシェが悪いですよね。
完全にラインをふさぐというより、コンクリートウォールにあてるまで寄せています。

おそらくポルシェのドライバーは「ラインをブロックした」と主張するでしょう。
でも、ブロックとは相手に後ろに付けられた時に行うもので、サイドバイサイドではブロックとは言わないですよね。
もし「サイドにいたと気がつかなかった」と主張するならプロ失格ですし…
ストレートでの蛇行という意味でもブラックフラッグものでしょう。

ただ、コルベットもそれまでのレース過程でかなり強引… というか危険な行為があったようです。
ショートカットでの追い抜きがあったり、最終コーナーではわざと追突したようにも見えますしね。

まあ、そういうワケで記事本文では、ちょっとぼかした書き方をしてみたワケです。

(・。・)あ… 最近のコルベットって速いですよ。
特にZR-1はニュルではノーマルで日産GT-Rよりも速いタイムを出してますし、個人的な感想としては大雑把なのか繊細なのかわからないけど、とにかく一流の速さを持つクルマだと思っています。 ←こういうところが魅力的。
Posted by MoToDAMM at 2009年10月29日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。