2010年04月22日

BMW S1000RRのサーキット走行動画

個人的にだんだんと気になりだしてきたBMW S1000RRのサーキット走行動画です。

日本車とは違う説明の出来ない安定感。
そりゃあね、パワーでは日本車に負けているかもしれませんが、この動画を見るかぎりパワーのハンディを補う迫力の走りを魅せてくれます。
なんというのかなあ… 極限での安定感だろうか…?

私自身はBMWに乗ったことはないんですが、ナニかが違う気がする。それも良い方向にナニかが違う。この動画のBMW S1000RRってほぼノーマルでしょ。なのにレーサーなみの走りだと思う…

後生、名車として語り継がれるバイクになるかもしれませんね。
本気を出したBMWは恐ろしいバイクを作るなあ。

BMW S1000RR riding scenes











posted by MoToDAMM at 16:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画
この記事へのコメント
ふむふむ〜…。
そんなにスゴそ〜ですか。

僕には全く分りませんが、
高い次元の話しで、良さそうなんですね〜。
さすが、ゲルマン人はスゴいな〜!
Posted by ぴろお at 2010年04月22日 18:20
元々、ドイツではバイクに100馬力規制があったんですよ。
そして、かの有名なアウトバーンのある国です。
バイクの操縦安定性には定評がありました。
(大昔K100にGSX1100S刃で完敗したことがあります)

そのドイツのバイクメーカーが100馬力規制を取っ払って、開発したのが横置きエンジンのK1200RSだったかな?

そして、スーパーバイクレース用に本気で開発したのが、このS1000RRとなります。
フロントフォークも独自のテレレバーではなく、通常の倒立フォークになっていますし、後輪駆動もチェーンです。

こつこつとバイクの操縦安定性を煮詰め、そして本気の足回り、本気のエンジン… 毎年モデルチェンジを行いちょっと迷走気味の日本製リッターバイクとはコンセプトが違うようですね。

まあ、本気のレース仕様にした時には、どちらが強いバイクかはわかりませんが(実際、ドゥカティ強いし…)ノーマル状態のS1000RRはかなりのポテンシャルがあるようです。

蛇足ですが、日本の大型バイクは細かい部品の精度が現在のレベルではちょっと悪いような気がします(コストダウンの悪影響かなあ)
こういった部分でも妥協しないBMWのバイクはあなどれないと思いますよ。

ゲルマン人恐るべし…

Posted by MoToDAMM at 2010年04月23日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。