2012年01月12日

ナイトロ・サーカスが映画になるそうで…

12011201.jpgそういうことで、2,3日休んで再開とします。
マジで気が滅入っておりましたからね。しかがない。

トラヴィス君(トラビス・パストラーナ)率いるナイトロ・サーカスが映画になるそうです。
最近の流行りですな。

ギリギリまでのホントのスタント。
アイデア勝負のスタント。
そして、計算され尽くしているスタント。

これがホントの姿でしょう。
イリーガルに無謀なことをしない… いやイリーガルっぽいのもあるけどね。
前の記事と比べちゃうとね…

ホンネを言えば… 映画だとしたら日本公開決定となったインド映画の決定版ロボットが観たいところです。
これも記事にしてるんですが、半分ネタバレ(といってもこれは序の口らしい…オチはあるけど)なんですよね。
おのおのでボリウッド・ロボット等で検索することをお勧めします。

話が逸れた。
しかし、人って飛ぶのね…

New Nitro Circus 3D Movie - Trailer



↓お約束のレッドブル…




posted by MoToDAMM at 21:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 動画
この記事へのコメント
ターボライダーはマジで亡くなったんですね。
私もどっちかっていうとイリーガルな走りを好むので正直ショックです。
人間ジャンプですが、若い頃に砂浜を時速130キロで走行中に仲間のバイクと衝突して、空中を30メートルほど飛んだ事がありました。
胸ポケットに入っていた財布は私が落下した地点からさらに30メートル先の地点に落ちています。
私の弟はバイクでクルマに衝突してやはり30メートル飛んだそうです。
どうやら30メートルが軽傷で済むレベルみたいですね…
Posted by ピーキー at 2012年01月13日 02:07
目安としては、衝突時のスピードでしょうねえ。
ツイッターでは書いたのですが、おそらく200km/h近い速度でぶつかったようです。
こうなるとどうなってもダメでしょう…
公道にエスケープゾーンはありませんから…

ケガの具合で言えば、バイクでスピンで膝がやられます。
まあ、それ以外でも擦り傷で済むのは30mまでですかねえ…

200km/hからの急制動ってものすごく距離が必要なんですよね。

Posted by MoToDAMM at 2012年01月14日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。