2012年01月25日

ナルド・テストコースを走る2012年型ZZR1400をチラリと…

12012501.jpgなんかすごく話題になっている新型ZZR1400(ZX-14R)ですが…
210馬力出ているらしい…
でも、それ以上にスゴイのはこの安定性でしょう。

個人的にZZR1400ってツアラー色が強いと思っていたんですよ。
スーパースポーツ寄りのツアラーね。
でも実際はそうではなく最高のスーパースポーツの性能を持ったツアラーにもなるバイクのようです。
乗ったことないけどね…

いろいろなインプレッションを読む限り間違っていないとは思います。
みなさんが想像している以上にそのままの性能で楽々ハイスピードで走られるバイク… そんな感じでしょうか?
少なくとも私が知っているレーサーレプリカ… というか、まあGSX-R1000とかそんなバイクのタイトな感じはないな… と。

性能は十二分にあります。
あとは好きになれるかどうかでしょう。

しかし、最近のKAWSAKIのバイクは凝ってるねえ。
バイクメーカーの特色が出るのはハンドリングだと思っているんですが、それを差し引いても力が入った魅力的なバイクだと思います。

………私のようにバイクを雑に扱う者には、ちょっと乗るのがはばかれるマシンでもありますけどね。

A fond en vidéo embarquée sur la Kawasaki ZZR1400 2012 à Nardo !





posted by MoToDAMM at 23:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | バイクの動画
この記事へのコメント
210馬力といえば、ドラックレースのプロストックバイクと同じ位のパワーじゃないですか。
そうなると、ドラックレース用低圧タイヤで4分の1マイルを10秒切りますね。
凄いなぁ…
Posted by ピーキー at 2012年01月26日 18:56
ダイノテストで後軸出力190あっさり超えたとか。
10Rといいカワサキ元気いいなあ。
Posted by at 2012年01月26日 22:34
>>ピーキーさん。

そっか、そのくらいのパワーありますね。
まあ、リッタークラスのドラッグ仕様で軽く9秒台の時代ですから…
ほぼノーマルでも9秒台に入る可能性はありますね。
驚くべきは、そのパワーを低速から従順に使えることかもしれません。

>>2012年01月26日 22:34さん。

まさにそこなんですよ…
日本のメーカーが、お家芸の細かいマイナーチェンジで信頼性を高めている(これはこれでスゴイ)のに対して、KAWSAKIは更に上のレベルで開発をしていると思われる節があります。
この力の入れ具合は賞賛できるかと…

他社日本メーカーもがんばってもらいたいもんですね。

Posted by MoToDAMM at 2012年01月28日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。