2013年01月21日

マン島TTレースのコースをすべて車載カメラで魅せる!! 英語の解説付き。

13012101.jpg記事タイトルのとおりです。
ライダーはJohnny Barton選手、解説はMilky Quayle氏です。

早口の英語なのでわかりにくいかもしれませんが、この恐ろしいレースコースがよくわかります。
いつも私が書いているように、これは危険だ…
でも、レーサーはここを極限まで攻めるんですよねえ。
いくら一流のレーサーだとしても無謀だと思っちゃいます。
だからこそ魅力的でもあります。

なんというか… 観るだけでビビって楽しんでください。
どれほど危険でも観る分には事故らない…

ホントはマン島TTレースには「勇気ある中止」を望みたいところなんですが…

TT Lap Guide with Milky Quayle and Johnny Barton





posted by MoToDAMM at 15:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | バイクの動画
この記事へのコメント
怖すぎ……
最初は早送りかと思いました(笑)
自分で走ってるつもりで見たら、「うわっっ!曲がれね〜」って
視線がアウトにロックする事数回。
気休めのスポンジバリアじゃ、走れません。
勇気ある撤退に、賛同いたします(^-^;

あと、ドライアイになりました。
Posted by かっきぃ at 2013年01月22日 21:47
>>かっきぃさん。

ね? これは最新のバイクで走るにはコースとして限界を超えていますよね。
レーサーはそれでも全力で攻めちゃいます。
私も走れません。おそらくこの半分の速度でも限界を超えると思います。
(風切り音で気絶しそうなヘルメットで270km/hまで引っ張った経験があるのに… あ、ウソですよ)

>>勇気ある撤退に、賛同いたします(^-^;

賛同ありがとうございます<(_ _)>
参加する方々の努力と歴史、そして偉業とその精神を称えた上であえてこう書きました。

Posted by MoToDAMM at 2013年01月23日 14:56
勇気ある撤退・・・反対。
Posted by at 2013年02月13日 08:07
>>2013年02月13日 08:07さん。

口の悪い書き方で申し訳ないんですが、反対意見の場合は理由も書いていただかないと寝言以下になるんですよ…

Posted by MoToDAMM at 2013年02月16日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。