2014年04月21日

モトジャーナルより。KTM Superuduke Rを試乗する… おまけ付き。

無題.jpgモトジャーナルネタです。
ところどころ、このバイクの暴力性をくだらない比喩で表していますが、それはご愛嬌でしょう。

クレイジーなエンジン、信じられない程のシャーシ、激しいブレーキ…
だから楽しい… のかな?
そういうことを表現したいようです。

これだけじゃあ、せっかくなので試乗会でのプロの転倒シーンを別動画でも紹介しておきますね。
さすがはKTMの最高峰。一筋縄ではいかないシビアなバイクになっているようです。

乗りたいけどなあ。
ポジションは良くてもシビアなバイクになって、バイク乗り挑戦的ってのは… やはりこれもKTMの割りきりなのかもしれません。

そこが魅力だという人も多いんだろうなあ。

Essai violent : KTM Superduke R, le méchant roadster qui rend les méchants gentils




おまけ。
サーキットの試乗での初のクラッシュとかなんとか…
タイヤが暖まっていなかったらしいです。見事なスリップダウン…

First Crash | KTM 1290 Super Duke R - Kiesbett Action



posted by MoToDAMM at 17:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | バイクの動画
この記事へのコメント
相変わらずフランス語なので何て言ってるか分かりませんが・・・
あの軽さにあのパワーであの起きたポジションw
これどうしようかな??って感じです。慣れでどうにかなるのだろうか・・・・
12Rとかでぶん回すとのと、全然質感ちがくて慣れてなくて手強いです。
確かにブレーキもぐわーーっと良い感じです。
納車のその日からオイルも滲んでる可愛いやつで
俺みたいなヘタレじゃ楽しみきれない気がしますが最高ですよ〜
Posted by 空犬 at 2014年05月12日 01:19
>>空犬さん。

レスが遅れて申し訳ありません<(_ _)>

フランス語は理解しなくていいと思います。
一度、訳してみたのですがくだらないジョークばかりでした…

ちまたの評価では、やはりKTMということでストイックなバイクらしいです。
扱いやすいポジションではあるのですが、そこはそれさすがにKTMでしてかなりストイックなようです。
空犬さんの12Rよりも手強いのではないかと…

それがKTMの魅力とういうかアイデンテティなんでしょうねえ。
オイル漏れ? これも愛嬌でしょう。

乗る人を選ぶことこそこののバイクかもしれませんね。
それが最高に楽しいというのは同感です。

私も後輩のKTMを乗りましたが… ここまで割り切ってバイクを楽しむってのは、さすがに無理だと思いました。

Posted by MoToDAMM at 2014年05月25日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395213478

この記事へのトラックバック


ブログパーツ